大卒初任给の平均ってどのくらい? 手取りはどうなるか计算してみた

大学毕业平均初任工资是多少?试着算了算实际工资

みなさんは、社会人1年目の人が最初にもらえるお给料、いわゆる初任给は平均でいくらぐらいなのか知っていますか? 春から新社会人になるみなさんは、まだ初任给と手取りについて知らない人も多いかもしれませんね。そこで今回は、新社会人になる前に知っておきたい、大卒の初任给、そしてその手取りについてご绍介します。

大家知道,参加工作第一年最开始得到的工资,即所谓初任工资平均是多少吗?从春天开始新参加工作的各位当中,也许还有很多人不知道初任工资和实际工资吧。由此,这次就向大家介绍一下,在参加工作之前就想知道的大学毕业初任工资和实际工资。

大卒の初任给の平均は20万3,400円!

大学毕业的初任工资平均为20万3,400日元!

2016年11月17日に発表された厚生労働省の「平成28年赁金构造基本统计调査」の结果によると、大学卒の初任给(6月分)の平均は、

根据2016年11月17日厚生劳动省发表的《平成28年工资结构基本统计调查》结果,大学毕业的初任工资(6个月)的平均值为

·20万3,400円

·20万3,400日元

となっています。大卒初任给の额は年々増加しており、2012年(平成24年)の19万9,600円と比べると3,800円も上がっています。さてこの初任给ですが、この额面どおりのお金がもらえるわけではありません。ここから「さまざまなお金」が引かれた金额を受け取ることになります。そのさまざまなお金ですが、以下のようなものがあります。

大学毕业初任工资年年增加,与2012年(平成24年)的19万9,600日元相比竟上升了3800日元。接下来,关于这里的初任工资,你并非能拿到跟表面一样的钱。而是拿到从这里“扣除各种各样款项”之后的金额。那“各种各样的款项”如下所示。

<给料から引かれるもの>

<从工资中扣除的款项>

·健康保険料……医疗保険です。会社と半额ずつ负担します。

·厚生年金保険料……年金をもらうための挂け金。これも会社と半额ずつ负担します。

·雇用保険料……失业给付などを受けるための保険です。

·所得税源泉徴収……给料に挂かる税金です。

·住民税……自分の住んでいる自治体に纳める税金です。(※住民税は社会人2年目から课税させるので初任给からは引かれません)

·健康保险费……医疗保险。与企业各负担一半。

·养老金保险费……为领取养老金每月要交的款项。这也是与企业各负担一半。

·雇佣保险费……为了领取失业补助等款项的保险。

·所得税源泉征收……放到工资上的税。

·居民税……是交给自己居住的地方自治体的税。(※居民税是参加工作第二年开始征税,所以不从初任工资中扣除)

※他に年齢によって「介护保険料」などが差し引かれることもあります

※根据年龄,也有的要扣除“护理保险费”

先ほどの初任给から、これらの保険料や税金を差し引いたものが実际に支给されることになります。もろもろ引かれる前の金额が「総支给额」、そして差し引かれた後のものは一般的に「手取り」と呼ばれています。给与面の待遇をチェックする际は、ここに気を付けましょう。

你实际拿到的是从刚才的初任工资中,扣除这些保险和税之后剩下的钱。被扣除各种款项之前的叫“总工资额”,被扣除后剩下的一般被称为“实际工资”。考察工资方面的待遇时,请注意这方面。

ちなみに健康保険料と厚生年金保険料は、前月分を次月分の给料から差し引く仕组みになっています。そのため社会人1年目の场合は5月分の给料から差し引かれるケースがほとんどでしょう。また、住民税も前年の収入を基に计算しているため、1年目は差し引かれません。

顺便一提,健康保险费和养老金保险费规定从下一个月的工资中扣除前一个月的份。因此,在参加工作第一年的情况下,几乎都是从5月的工资中扣除。另外,居民税是根据去年的收入计算的,所以第1年不扣除。

初任给が20万円の场合は手取りはいくら……?

初任工资20万日元的话,实际工资多少……?

给料が実际に支给されるまでに、あれこれ差し引かれる仕组みを説明しましたが、例えば初任给が20万円だった场合は、実际どれくらいの手取りになるのでしょうか。

我已说明了在实际发工资之前,会扣除各种费用的机制。那么若初任工资为20万日元,实际上会得到多少工资呢?

まずは各保険から计算してみましょう。保険料额は都道府県によって异なりますので、今回は东京都で働いているとして计算します。全国健康保険协会によると、东京都で月额20万円の场合、

首先从各种保险开始算起吧。保险费根据都道府县各不相同,所以这次当作是在东京工作来计算。根据全国健康保险协会说法,在东京月薪20万日元的情况下,结果是,

健康保険料……9,960円

厚生年金保険料……1万8,182円

健康保险费……9,960日元

养老金保险费……1万8,182日元

このようになります。そして雇用保険料は、平成28年度の雇用保険料率が4/1000ですので、20万円の场合は、

然后雇佣保险费,平成28年的雇佣保险费率是4 / 1000,所以20万日元就是,

雇用保険料……800円

雇佣保险费……800日元

となり、合计で2万8,942円。まず総支给额20万円からこの2万8,942円を引きます。差し引かれた後の金额は17万1,058円。次はこの金额に所得税が课せられます。17万1,058円の场合は3,770円が所得税で源泉徴収されます。

共计2万8,942日元。首先,从总工资20万日元中扣除这2万8,942日元。被扣除后的金额为17万1,058日元。接下来在这些钱中征收所得税。17万1,058日元的情况下,所得税源泉征收3,770日元。

初任给からは住民税が差し引かれませんので、実际に支给される金额は、

初任工资中不扣除居民税,所以实际发的工资是,

·20万円-(2万8,942円+3,770円)=16万7,288円

·20万日元-(2万8,942日元+3,770日元)=16万7,288日元

额面が20万円であっても、実际に受け取るのは16万7,288円になります。なかなか世知辛いですね。また、2年目からは住民税も引かれるので、额面が20万円のままだと、手取りはさらに少なくなります。

即使表面是20万日元,实际拿到的是16万7,288日元。过日子相当辛苦呢。另外,从第2年开始也要扣除居民税,所以表面为20万日元不变的话,实际工资会变得更少。

大卒の初任给と、手取りについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。実际にお给料をもらう段阶で「なんでこんなに少なくなっているんだ!」と惊かないためにも、支给されるまでに差し引かれるお金のことを知っておくと、ダメージが和らぐかもしれません。目は差し引かれません。

总结完了大学毕业的初任工资和实际工资,觉得如何呢?在实际得到工资时,为了不“为什么这么少啊!”这样被吓到,事先在发工资之前就知道要扣除的钱,也许会缓和受到的伤害。眼睛不会“被扣除”。

·厚生労働省 平成28年赁金构造基本统计调査(初任给)の概况:1 学歴别にみた初任给

·厚生劳动省 平成28年工资结构基本统计调查(初任给)的概况:1 ?按学历来看的初任工资

·全国健康保険协会 平成28年10月分(11月纳付分)からの健康保険·厚生年金保険の保険料额表

·全国健康保险协会 平成28年10月份(11月上交)的健康保险·养老金保险的保险费表

·厚生労働省 平成28年度の雇用保険料率

·厚生劳动省 平成28年度的雇佣保险费率

·国税庁 给与所得の源泉徴収税额表(平成27年分)

·国税厅工资所得源泉征收税额表(平成27年)

本翻译为沪江亚博体育登不上原创,禁止转载。

相关推荐:

名古屋学院大学学校介绍?

日本留学:打工必会的亚博体育登不上